一眼レフを長持ちさせる!メンテナンス方法と必要なアイテム

初めて一眼レフを使用する人が忘れないようにするべきポイントがメンテナンスです。メンテナンスを怠るとカメラやレンズにカビが発生してしまう危険性もあります。

メンテナンスを行うことで、一眼レフを長持ちさせることも可能になります。しかし、メンテナンス方法が分からなくて困っている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は一眼レフのメンテナンス方法と必要となるアイテムについて紹介していきます。

メンテナンスに必須となるアイテムを購入しよう

カメラボディーの隙間やレンズにはホコリが付着しやすいです。この付着したホコリを取り出すためには、空気で吹き飛ばすことのできるアイテムが必要になります。そのアイテムがブロアーと呼ばれるものです。ブロアーは代用できるものがないので、一眼レフを購入するときにセットで購入しておくと良いでしょう。

ブロアーにも大きさがあり、大きいと強い風が送り出せて、小さいものだと弱い風が送り出される仕組みになっています。家で利用するときには大きいものが好ましいですが、持ち運び用にコンパクトなブロアーを購入しておくのも良い方法と言えます。

レンズやボディーを拭くときに役立つアイテムとしてクリーニングペーパーが挙げられます。クリーニングペーパーにはクリーニング液を染み込ませているので、別途でクリーニング液を購入する必要はありません。個別で包装されているのもクリーニングペーパーのメリットと言えます。

小さいものなので、カメラと一緒に持ち運べるのも魅力的なポイントでしょう。レンズの細かい部分を綺麗にするアイテムとして有効なものがレンズペンです。例えばレンズに付着した指紋を落としたいときに適しています。

レンズペンはブロアーでホコリを落とした後に使用するのが効果的な方法と言えます。

質の高い撮影を目指そう!一眼レフでの撮影にledライトを使用するメリット

カメラボディーの手入れ方法を覚えよう

カメラのボディーは汚れが付着しやすい作りになっているため、頻繁にメンテナンスを行う必要があります。カメラのボディーを手入れするときに初めにやるべきことがブロアーでホコリを吹き飛ばすことです。凹凸の多い部分は特に丁寧な手入れが求められます。

砂や石が凹凸の部分に入り込んでいる可能性もあります。砂や石はクリーニングペーパーで拭き取るときに傷をつけてしまう可能性が考えられます。そのような状況を避けるためにも砂や石は全て取り除くようにしましょう。

次はクリーニングペーパーで拭き取る作業です。手汗や皮脂の汚れが付着しているため、乾いたタイプのクロスよりも湿った状態のクリーニングペーパーが好ましいと言えます。入念な拭き取り作業が必要なのは、液晶画面とグリップの周辺です。

こするように拭き取るのではなく、撫でるような感覚で拭き取るのがポイントとなります。こするように拭き取ってしまうと、ボディーに傷をつけてしまうケースがあります。電池カバーや端子カバーだけは湿気の少ないもので掃除しておくのが重要です。

例えば綿棒のような細い形状のものを使用するのが効果的だと言えます。ボディー内部の清掃もメンテナンスの1つですが、注意点として内部の部品に触れないようにする必要があります。ブロアーで軽くホコリを取ってしまうという程度が良いでしょう。

大きな汚れが目立つ場合はメーカーや修理店に持ち込んでメンテナンスを行ってもらうのがオススメです。

レンズペンで仕上げを行う

レンズのメンテナンスもカメラボディーと同じようにブロアーを扱うのが最初の作業です。手入れを行う個所はレンズの外観と前玉、後玉の部分となります。

前玉や後玉はガラス面なので傷がつかないように注意が必要です。ブロアーで取りにくいホコリが見つかっても、息を吹きかけるようなことはやらないようにしましょう。息を吹きかけたことで唾や吐息がレンズに悪影響を及ぼす可能性が高いです。

ブロアーでホコリを取り除くことができれば、クリーニングペーパーでレンズの外観から拭いていきます。レンズの外観にも凹凸の部分が多く、その部分は汚れが付着しやすいので、丁寧な拭き取り作業が求められます。レンズの銅鏡やフチの部分にも汚れが付着する可能性が高く、これらの部分はクリーニングペーパーでは取れないケースも考えられるため、綿棒の使用も必要になります。

前玉と後玉もクリーニングペーパーで拭き取る作業から始めます。真ん中の部分から外側に向かって、弧を描くように拭き取ることで汚れを残す可能性が低くなります。クリーニングペーパーで拭き取る作業が終われば、仕上げとしてレンズペンを使います。

レンズペンもクリーニングペーパーのときと同様に真ん中から外側に向かっての拭き取り作業が効果的です。

ドライボックスは手入れ後の保管場所として最適

メンテナンス後は一定の湿度が保たれた空間で保管しておくのが重要になります。そこでオススメのアイテムがドライボックスです。ドライボックスに入れることで、カメラにカビが発生することを防いでくれます。ドライボックスは数千円で購入できるアイテムなので、初心者に適したアイテムと言えるでしょう。

本格的にカメラを使用するようになれば、防湿庫を購入するのも良い方法です。防湿庫は高額なアイテムですが、カメラが収納しやすく、カビの予防にも高い効果を発揮してくれます。防湿庫でも数万円程度のアイテムです。

カビの発生によってカメラを買い替えることになるケースを考えれば安い買い物と言えるでしょう。

いつカメラのメンテナンスを行うのが良いか

カメラのメンテナンスを行うタイミングで悩む人もいるのではないでしょうか。分かりやすいメンテナンスのタイミングは使用後です。何回かに1回メンテナンスを行うのではなく、使用後は必ずメンテナンスを行うようにすべきです。

カメラを使用した後は汚れが付着している可能性が高く、その汚れを放置するとカメラが劣化する可能性もあります。

そのような事態を回避するために毎回メンテナンスを行うのがオススメです。頻繁にカメラを使用するわけではない場合は、「1カ月に1回はメンテナンスを行う」というように自分で決まりを作って、定期的にメンテナンスを行うのが有効な手段と言えます。

忘れないようにメンテナンスの日を決めておくのも効果的です。カメラの汚れが酷い場合は、プロにメンテナンスを行ってもらうのが良いでしょう。少しの手垢でもカビの発生を促すことになります。そのためメンテナンスを行うときには細かい部分にも注目するのが重要です。

特に長期的な保管を行う場合には、汚れの残らないような手入れが求められます。